レーシック難民と過矯正〜レーシックを失敗して後遺症が残らないために

レーシック難民と過矯正〜レーシックを失敗して後遺症が残らないために

レーシックで後遺症が残る場合があります。
レントゲン、医学的に数字、状態は問題ないのです。
ですが、患者は眼、体に問題、症状が起こっていると訴えます。

 

クリニックとしては、
レントゲン、医学的に数字、状態は問題ないので
更なる治療ができないのです。

 

適切な治療を受けられないでそのままにせざるを得ない人たちがいます。
手術したクリニックで問題を解決できす、
他の病院、クリニックを転々とするので
レーシック難民と言われることもあります。

 

 

症状としては、乱視が出たり、遠くが見え過ぎて
手元の文字が読めなくなり、遠近の調整ができなくなり
気分が悪くなったりします。

 

 

レーシックを受けて後悔しないようにしたいものです。
レーシック難民と過矯正〜レーシックを失敗して後遺症が残らないために
実はレーシックの後遺症を最初に知っておくと、快適な手術後を送れる可能性が上がります。

 

 

ここ近年、手術機器や技術の進歩して、
患者のニーズを医師側も把握して
レーシッククリニック内での手術による技術的なトラブルはほとんど見られなくなりました。
不衛生による感染症は論外ですが、
検査データに表れないタイプのトラブルが一時期増えたのです。

 

症状としては、
眼が疲れやすい、目の調子が悪いことから派生して頭痛がする、
目が乾きすぎる、しょぼしょぼする、ドライアイがきついなどの症状です。

 

不安神経症やパニック障害などの「症状」はレントゲンには何も現れません。
しかし、気分が悪い、電車に乗れない、密室が怖いなど
症状があり困っている人がいます。それと同じです。
検査データに出ない性質であるだけに、
クリニックでは「様子を見てください」としか言えないことが多いのです。

 

今このような問題が起こっていることを医師たちも知っています。
レーシック難民は増えていないのですが、
今までにこのような現象にあった人たちの症状が落ち着いていないのが現状です。
それでレーシック難民という言葉が残っているのです。

 

なぜレーシックを受けて後遺症が出るの?

 

このような後遺症が出る原因としては
遠くが見えれば手術は成功と思っている医師と患者が多いことが挙げられます。
2010年頃は、視力1.5を出すことが正しいと思っている医師も多かったです。

 

安いレーシック手術・料金を実現するため
視力1.5を画一的に出しました。
オーダーメイドではなくレーシック手術の効率化を図るクリニックがありました。

 

今はこういう眼科はほとんどありませんが、
「視力1.5が出たのだから良いじゃないか」
と考える眼科は良くありません。

近視患者の場合、近くは今まで通り見えて、
かつ遠くが見えなければならないのです。
遠くが見えるようになったのは良いけれど、
手元のパソコンの文字が読めなくなってしまったのでは本末転倒なのです。

 

私たち患者自身の知識の低さもありました。
視力1.5が良い視力と認識されているために、
角膜を削って1.5を出すことを忘れ、「1.5!」と言うのです。

 

 

その結果、トラブルが起こりやすくなっていました。
レーシック手術で視力矯正をする際、
1.5や2.0では強すぎる人がいるのです。

私たちは小学校の時「視力検査で1.5を出す」という言葉をよく聞きました。
昔の認識により、1.5が正しいものとされているのです。

 

あなたは視力1.5必要ですか?
私は1.5でなくても十分です。
1.0から1.2あれば十分です。
視力とは遠くが見えれば良いというものではないのです。

 

 

レーシック難民が別の眼科へ行く

 

過矯正の問題はテレビでも取り上げられています。
視力2.0になって遠くが見えるようになったのは良いんだけど、
近くが見えづらくなり、本をまともに読めず、
近くを見ると目がとても疲れると。
挙句の果てには、若いのに老眼鏡をして、近くを見ざるをえない。

 

「視力検査、眼球の検査は異常がないので、
当眼科では治療のしようがなく何もすることはできない」
「様子を見てください」とその眼科医は言います。

 

そうなると、また別の眼科クリニックに行くわけです。
治療のしようがないから、そのクリニックでも
「うちで手術したのではないから、どうしようもない。
様子を見てください」と言われます。
(→実力のあるクリニックだったら、見え過ぎる状態を治せるのですが
そういうクリニックがなかなか見つからないという現実があります)

 

 

処置をしてもらえないため、
眼科から眼科へ診察を繰り返す・・・
レーシックの後遺症→レーシック難民とはこういう問題です。

 

 

重度の過矯正には「再手術」が必要

 

遠くが見えすぎて近くが見にくくなる過矯正は
失敗と言わざるを得ません。
失敗として挙がっている多くの例は過矯正によるものです。
失敗とならないように私たちも知識を持ちたいところです。

 

 

重度の過矯正には遠視矯正を行います。
角膜の中心部分にエキシマレーザーを
照射して削る近視矯正とは異なり、
「遠視矯正」は角膜の周辺部を削ります。

 

 

角膜は周辺部にいくほど厚みがあるため、
1度目の手術で角膜の厚みに余裕がなくなった人でも
多くの場合、手術を受けることができます。

 

 

1度目の手術で作成したフラップが小さ過ぎたり、
フラップの位置が瞳孔の中心から大きくズレていると、
十分な矯正ができません。
その場合はフラップを作り直すことがあります。

 

遠視矯正により、戻しをかけた後は、
一度はよく見えるようになった遠方が見にくくなる一方で、
近くが見やすくなり、
過矯正が引き起こす症状を軽減することができます。

 

 

「視力戻し」は本来やらなくて良かったはずの手術です。
最初の段階で失敗しないよう
適応検査の段階で「視力を出し過ぎない=角膜を削り過ぎない
ことを先生としっかりお話することが必要です。

 

 

左右のアンバランスは非優位眼の「視力を下げる」

 

左右視力のアンバランスで不同視が生じた場合にも、
再手術による遠視矯正をします。

 

 

不同視は優位眼の矯正が弱いせいではなく、
非優位眼の矯正が強すぎるせいで起こることが多いのです。

 

 

この場合、優位眼の視力を上げてバランスをとるのではなく、
非優位眼の視力を下げることによって状態が改善します。
この状態で優位眼に更に強い矯正をかけると、
今度は左右共に過矯正となる場合が多いです。

 

 

多くの場合、非優位眼の視力を落とせば、
優位眼の視力は上がります。
本来のバランスを取り戻すことによって、
調整能力が正常に働くためです。

 

 

ただし、利き目が逆転していたとしても、
本人が不都合を感じていなければ、
矯正をかける必要はありません。
あくまで、不都合がある場合に対応を行うものです。

 

 

一般的に、私たちは効き目の方が視力が良く、
主に効き目で物を見ることに慣れています。
視力矯正手術により、
非優位眼の視力が効き目に追いついた場合、
少々とまどう可能性がありますが、これは慣れます。

 

 

左右の視力アンバランス

 

左右の視力バランスが崩れる「不同視」も、
レーシック手術後の問題の一つです。
目には優位眼(効き目)というものがあります。
不同視は優位眼に比べ、
非優位眼により強い矯正がかかることにより起こります。

 

 

レーシックで非優位眼に強い矯正がかかると、
本来近くを見る時に力を発揮する高い非優位眼の働きがいつもと違うこととなります。
その結果、
近くも遠くも見にくくなったり、
距離感がつかめないと言った利き目の逆転現象が起こります。

 

 

レーシック手術自体の失敗とは言いませんが、
レーザーを照射すべき位置がずれる「偏心照射」、
「レーザーの照射不足」による「矯正不足」がありえます。
近視手術レーザー

 

レーザーは瞳孔の真ん中をピンポイントに照射するように設定されています。
ところが、人間の目は必ずしも瞳孔の中心でモノを見ているわけではありません。
視軸(実際に見ている視線の軸)と眼軸(瞳孔中心を通る眼球の軸)
のズレを考慮せずにレーザーを照射してしまうと、
結果的にズレが生じることがあります。

 

 

また、視軸は腰掛けている時と横になっている時でも
位置が変わってくるため、
レーザーを正しく照射しているつもりでも視軸から外れ、
偏心照射になることがあります。

 

 

矯正不足については、
術前の適応検査のデータを基にレーザーを当てるわけですが、
角膜の硬さや厚さ、カーブの度合い、
手術室の温度などによって影響を受け、
期待する視力が得られないことを言います。

 

 

矯正不足については、再手術で
もう少しレーザーを照射してもらえば良いです。
もう1度、麻酔をしたり面倒は伴いますが、
失敗と言うべきではなく、それほど重大な問題ではありません。
「レーシックの失敗」と言われるのは、元に戻せない過矯正です。

 

 

また、その崩れたバランスを元に戻そうと体が働くために、
調整筋に無理が生じます。
その結果、目が疲れやすい、見えにくいなど、
派生して別の症状を引き起こすのです。

 

 

不同視は、目は何とか状態を調整しようとします。
視力や屈折力などのデータに表れにくく、
症状があると感じるものの、
距離感がつかめないなど問題が生じます。

 

 

私たちとしては曖昧な症状で、眼科の先生に伝えづらい。
そのままにせざるを得ないことが多いのです。
クリニック側も患者側も手の打ちようがない場合があります。

 

 

もちろん、検査データに載りませんから、
眼科側から良きに計らってくれることはありません。
患者から言われて初めて気づくものです。

 

 

せっかくレーシック手術をして失敗や後遺症が出たら残念です。
適応検査で主治医の方針をしっかり知り
個人に合った手術方法を確認することが大事です。

 

参考文献:ササッとわかる近視矯正手術「レーシック」で失敗しない本 講談社

 

視力、目の問題のページに進む


 
TOPに戻る 適応検査、当日 レーシック手術当日 安いレーシック料金 レーシック最高級クラス