PRK エピレーシック ラセック

PRK

レーシックの他にも、
エキシマレーザーを使った近視矯正手術には、
色々な方法があります。

 

PRK

 

「PRK」はフラップを作らず、
角膜上皮に直接エキシマレーザーを照射する方法です。
手術は簡単で、フラップを作らないので
両目で10分〜15分くらいで終了します。

 

 

フラップがないので手術後は保護用コンタクトレンズをして、
角膜上皮の再生を待ちますが、
回復までに多少の痛みを伴います。
また、あまり上手でない医師がPRKを執刀すると、
角膜上皮がきれいに再生されず、
混濁が残る場合があります。

 

 

角膜上皮の再生を待たないといけないので
その間、安静にしている必要があります。

 

 

 

エピレーシック

 

「エピレーシック」は、それ専用の機器で
角膜上皮とボーマン膜の一部を削って、
ごく薄いフラップを作る技術です。
強い衝撃を受けるかもしれない人向けなので
エピレーシックを選ぶ格闘家は多いです。

 

 

名古屋グランパスの玉田圭司選手は
神戸クリニックでエピレーシックを受けています。

 

 

ラセック

 

「ラセック」はアルコールを使って角膜上皮をめくって行う視力矯正手術です。
角膜が薄くて、普通のレーシックが受けられない人、
格闘技をする人が受けることが多いです。

 

 

目に事情のある人がこのような手術を行い、
普通の目であれば普通のイントラレーシックが良いと思われます。

 

 

エキシマレーザーを用いない近視矯正手術

 

有水晶体眼内レンズ

 

「有水晶体眼内レンズ」とは、もともと眼科手術です。
白内障手術を応用したもので、
眼の中に矯正用の人工レンズを入れる方法です。
強度の近視や、角膜が薄くてレーシックを受けられない人向けです。
レーザーを使わないので
手術費用が高額で、受けられるクリニック、病院が少ないという
問題点があります。
より医師の技術、経験に左右されます。

 

 

角膜内リング

 

「角膜内リング」は、角膜の中に弓上のリングを入れて
角膜の形状を平らにすることででこぼこを抑えます。
平らにすることで近視を矯正します。

 

 

近視矯正の効果はレーシックほどではありませんが、
乱視が穏やかになるので、
角膜内リングを入れた状態でめがね、コンタクトを入れて
視力矯正します。

 

角膜内リングはレーザーをかけるわけではなく、
着脱することができるメリットがあります。

 

RK

 

「RK」はメスで角膜に放射状に切れ込みを入れる方法です。
メスを入れるので角膜強度が下がります。
手術後だんだんに視力が回復していくので矯正量の予想が難しく、
10年経ってみたら遠視化してしまったという問題もあり、
最近は行われません。

 

眼球にメスを入れるより、レーザーの方が安全であることもあります。

 

レーシック難民と過矯正〜レーシックを失敗して後遺症が残らないために のページに進む


 
TOPに戻る 適応検査、当日 レーシック手術当日 安いレーシック料金 レーシック最高級クラス