レーシック 視力回復手術の種類

イントラレーシックが主流

私が受けたレーシックは、イントラレーシック。
ラゼック、普通のレーシックなどありますが、
イントラレーシックがもっともオーソドックスで症例数が多い手術です。
私の友達でもイントラレーシックを受ける人が多いです。
表にするとこんな感じです。

 

レーザー フラップ レーザー前 名称
エキシマレーザー使用 作成する マイクロケラトーム レーシック
イントラレーザー イントラレーシック
作成しない エピケラトーム エピレーシック
金属ヘラ・ブラシ
エキシマレーザー
PRK
アルコール ラゼック
エキシマレーザーを使用しない 水晶体レンズ、角膜内リング、放射状角膜切開(RK)

 

 

エピレーシックはフラップを作らないので、
目に強い衝撃がある可能性のある人向けです。
サッカー、格闘技などしている場合はエピレーシック、ラゼックを受ける人が多いです。

 

 

普通の人は、普通のイントラレーシックで十分なのですが、
フラップを作らない分、安定性があるということで
エピレーシックという手術方法もあります。
イントラレーシックよりもエピレーシックの方が、手術後に痛みがあると説明されます。

 

マイクロケラトーム イントラレーシックのページに進む


 
TOPに戻る 適応検査、当日 レーシック手術当日 安いレーシック料金 レーシック最高級クラス