イントラレーシック マイクロケラトーム

マイクロケラトーム、イントラレーシック

マイクロケラトームとは、
フラップを作るための手術用精密機器の名前です。
わかりやすく言うと、カンナ(木工用工具)のような電動メスで角膜をスライスし、
眼球、角膜の表のカーブに沿って薄いフラップを作成します。

 

 

手術後の精度が非常に高いのが特徴で、
技量・経験のある眼医師が的確に執刀すれば、
角膜への負担や目そのものの痛みが少なくて済み、
回復も早いというメリットがあります。

 

 

ただし、このマイクロトームは技術の習得に時間がかかり、
手術の結果が執刀医の経験・技量に大きく左右されるという問題点があります。
技量の足りない医師によって行われた場合、
フラップがつるっと角膜から外れてしまうフリーフラップや、フラップに穴が開いてしまうボタンホールフラップといった
フラップの不具合が起こり得ます。

 

また、手術機器が眼球の角膜内部に直接接触する方法なので、
十分な感染症対策が必要です。

 

 

イントラレーシック

 

 

イントラレーシックとは、イントラレース社が開発したイントラレーザーのことで、
イントラレーザーでフラップを作り、
その後にエキシマレーザーを照射する方法です。
レーシックといわれる近視矯正手術の中でもっとも主流な手術方法です。
角膜を削るエキシマレーザーと別に、
目に負担の少ないフェムト秒レーザーが使われます。

 

 

マイクロケラトームよりも薄いフラップを作ることができます。
角膜が薄い人でもそれほど削ることがなく、
近視矯正手術ができるのが特徴です。

 

 

また、コンピュータ制御で執刀できるので
医師の技量・経験にあまり関係なく、
一定レベルのフラップが作れることから、
フラップに関連するトラブルが減りました。

 

 

フラップを戻した後のシワやズレが起きにくいメリットもあり、
現在はこのイントラレーシックが主流になっています。
角膜内部に直接接触しないので、
感染症のリスクも減りました。

 

 

ただ、角膜をレーザーで焼くので、マイクロケラトームよりも
痛みを伴うことが多く、1週間ほどですが
回復に時間がかるというデメリットがあります。
また、手術の性質から、びまん性層間角膜炎、虹彩炎が発症することがあり
いずれにせよ、手術後は安静が必要です。
目薬を注すことと安静にしていれば、問題ありません。

 

ウェーブフロントシステムのページに進む


 
TOPに戻る 適応検査、当日 レーシック手術当日 安いレーシック料金 レーシック最高級クラス