レーシック 適応検査

レーシック適応検査

適応検査を受けてみて、そこでいったん帰宅して
受けるかどうするか考えることができます。

 

 

質問があるのであれば、適応検査の時に解決しましょう。
レーシックを受ける場合、
不安を解消してからレーシック手術をすることが、
レーシックを失敗しないポイントです。

 

 

今現在、営業方法が法律・ガイドラインで厳しく決められているので、
納得のいかない手術を押し付けられることはありませんが、
自分自身でどうしたいのか、納得して手術を決めることが大事です。

 

 

適応検査で「あなたは角膜が薄くて手術ができません」と言われることもあります。
その際は、別のクリニックに行ってみれば、
どこかで手術できるところがありますから
他へ行ってみると良いです。

 

 

適応検査は、トポグラファーで角膜の形、でこぼこなどの測定、
近視や乱視の程度を測ったり、
角膜屈曲力の測定、眼圧、矯正視力、瞳の大きさ、角膜の厚み、角膜内皮の測定など
色々な検査をします。

 

 

目の状態は体調によって変わるので、良い状態で受けたいものです。
手術前日はもちろんですが
適応検査の前日も良く寝て、体調を整えて、クリニックに行きましょう。

 

レーシック 手術当日の流れのページに進む


 
TOPに戻る 適応検査、当日 レーシック手術当日 安いレーシック料金 レーシック最高級クラス